モンゴル伝統料理

大自然素材のモンゴル料理をぜひお召し上がりください。

ツーリストキャンプでの食事では牛肉料理が主流ですが、伝統的なモンゴル料理では羊肉がよく使われています。細かく刻んだ羊肉と玉ねぎを小麦粉の皮で包み蒸したボウズや蒸さずに平たい形で揚げるホーショールなどが有名です。
まるまる1頭ごと羊を使い、焼き石とともにつくるホルホッグはおめでたい時に。
ツォイワンは焼うどんに似ています。羊肉と野菜のスープもおふくろの味。

夏季は乳製品が多く、冬季は保存した肉を使うことが多くなります。
旅行中もモンゴル料理がでることも。

草原ハーブで育ったモンゴルの羊肉。牛肉や豚肉よりおいしいとのご意見も。
大自然素材のモンゴル料理をぜひお召し上がりください。

モンゴルの伝統的なお料理

モンゴル伝統料理では、小麦粉と羊肉を使った料理が多いです。 近年は牛肉を使ったものもでてきました。
草原ハーブで育った羊は臭みもなく大変おいしいと言って頂いております。
また工夫をこらした小麦粉料気も多く、いろいろなバリエーションがあります。
ツアーぷらん中に伝統的なモンゴル料理が出ることもあると思います。
是非モンゴルの味をお楽しみください。

ボウズ

羊肉と玉ねぎで餡をつくり、
小麦粉の皮で包んで蒸しあげた料理
お正月やおめでたい席には欠かせない伝統料理

ホーショール(左下)

羊肉と玉ねぎの餡を小麦粉の皮で平らに包んで 
揚げた料理。揚げ餃子ににています。

ツォイワン

小麦粉の麺を使った肉入り焼きうどんのような一品

ホルホック(右上)

羊肉をミルク缶のような容器にいれ、焼いた石と塩で蒸し焼きにした羊1頭を使う、おめでたい料理。
中央にあるのがその時の石。
手に当てたりするとすべすべになると言われいます。

ノゴートイ シュル

塩味が基本の具だくさんの野菜スープ。
ノゴーは野菜 シュルはスープの意味です。
野菜の他に肉が入っていることが一般的。

ゴリヤシ

基はハンガリーのお料理だったものがモンゴルの定食料理として定着したようです。
お肉、サラダ、ごはんなどが一枚のお皿の上に載っている楽しい一皿です。
その種類は豊富で羊肉、牛肉などいろいろあります。
シャルスンマハ:炒めた肉・ 油で揚げた感じの肉
チャスンマハ:塩ゆでの肉
などがあります。
サラダの種類も場所により様々です。

ハンガリーのグラーシュ

この写真はゴリヤシの基と言われるハンガリーのグラーシュです。どこかお子様ランチの雰囲気。
いろいろな味が楽しめます

シャルスン マハタエ ホールガ

炒めたお肉料理がある一品という意味になります。
牛肉や羊肉と野菜を炒め、ごはんと一緒になっています。
定食屋さんの人気定番のひとつです。

ゴリルタエ シュル(左)

ゴリルとは小麦粉のことで 手打ちの小麦粉の麺の入ったスープのことをいいます。
あたたかい肉入りうどんという感じです。
乾麺などをつかうとゴイモンティ シュルになります。

シャルスン バンシ(左)

バンシはボウズの小さい物でギョウザの形に似ています。焼いたものをシャルスン バンシと言います。
バンシが入ったものをバンシタエ シュルといい
水餃子がはいったスープをいいます。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる